ヤミ金からお金借りてしまったどうしたら良いですか

 

消費者金融や銀行などから借入を受けることができず、

 

ヤミ金からお金借りてしまったときは、どうすればよいのでしょうか。

 

ヤミ金とは、出資法の上限金利である年利20%を超える高い金利で貸し付けを行う貸金業者です。

 

多重債務などで消費者金融や銀行から借入を受けることができない人に、違法な高い金利で貸し付けを行い、返済が滞るようになると自宅だけでなく勤務先にも現れ、厳しい取立てを行います。

 

携帯で営業を行い実態がないヤミ金業者も多く存在しています。

 

高い利息で貸し付けを行うので、利息の返済だけでも大きな金額になり、

 

返済が滞ってしまい、厳しい取立てを受けるようになったという方も少なくはありません。

 

取立てに悩み、夜逃げや最悪の場合命を絶ってしまったという方もおり、大きな問題にもなっています。

 

 

ヤミ金は、出資法を違反した高い金利で貸し付けを行っているので、

 

貸付自体が法律を違反していることになります。

 

そのため、利息の返済だけでなく、本来は元金の返済を行う必要もありません。

 

しかし、個人で法律を違反しているので

 

お金の返済を行わないとヤミ金業者に訴えてもそれで問題が解決することはほとんどありません。

 

逆にヤミ金業者を怒らせてしまい取立てや嫌がらせがエスカレートしてしまう場合があるので注意が必要です。

 

 

ヤミ金からお金を借りてしまい、どうしようもない状況に陥ってしまったときは、まず、弁護士に相談をしましょう。

 

最近は、ヤミ金対策を専門に行っている弁護士もいるので、依頼をすれば円満に解決することができます。

 

弁護士に依頼をするときは、ヤミ金の名前や住所、電話番号、いつどれくらいのお金を借りたのか、

 

どのようなやりとりをしたのか、などを詳しくまとめておくと話がスムーズに進みます。

 

 

弁護士を利用すると高い費用がかかるのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

弁護士事務所によっては初回の相談は無料という事務所もあるので、

 

まずは無料相談を受け、かかる費用などを詳しく説明してもらいましょう。

 

既に全額、または一部をヤミ金に返済してしまったという方は、

 

返済したお金を取り戻すことができます。

 

しかし、住所をもたず実態が不明なヤミ金に返還請求をする場合は、

 

任意の交渉では難しいので、警察への被害届の提出や訴訟を起こすことになります。

 

ヤミ金からお金を借りてしまったというときは、

 

一人で悩み続けるのではなく、まずは現状を変えるために弁護士に相談をしましょう。

 

闇金嫌がらせの恐ろしさ

 

基本的にお金を借りるという行為はあまりオススメしませんが、

 

闇金からだけは絶対に借りないほうが良いと言えます。

 

闇金からの借り入れの場合は審査などが必要ない場合が多いのです。

 

インターネットや電話で簡単に借り入れすることが出来るので

 

ついつい利用してしまうひとも少なくないのですが、

 

一度借りてしまったらどこまでも追いかけてくる可能性があります。

 

こちらが借りているつもりはないのですが、

 

勝手に口座に振り込んで押し貸しと言われる行為を行うのです。

 

借りたつもりはないのですが、

 

いつの間にか口座にお金が振り込まれていて知らない間に借りていることになり

 

利子が膨れ上がり返済を求められるということです。

 

しかし、相手側の言いなりになって返済し続けてしまうと思うつぼです。

 

闇金との関係を断ち切る為には専門の弁護士に相談することが一番の近道になります。

 

大抵の弁護士事務所の場合は分割などで支払できますから、

 

まずは闇金からの借入金をなんとかする必要があります。

 

自力で返済するのが難しい闇金からの借り入れですから

 

恥ずかしいからとか人に知られたくないからとかそういうものは捨てて、

 

早い段階で相談することが解決させるポイントにもなります。

 

 

ヤミ金へのお金の支払い止めたいなら

 

ヤミ金というのは、貸金業者として正規の登録をしていない業者や、

 

登録をしていても法律違反の金利で貸付をするもののことです。

 

法律の上限をはるかに超える利息を請求してきたり、法律で禁じられている家族や親戚に対する取り立てをしたり、

 

あるいは恐喝まがいのやり方で返済を迫ってきたりします。何とかして支払いを止められないか、と思うのも当然です。

 

ヤミ金は、初めから一切関わらないのが一番であることは言うまでもありません。

 

しかし、現実にお金に困っている人に対してそういうことを言っても仕方がないことが多いです。

 

一般的な消費者金融の審査に通らず、藁をもつかむ思いで手を出したところが、実はヤミだった、というのはよくあることだからです。

 

そのため、まず、自分の借りているところが、まっとうな貸金業者であるのか、ヤミ金であるのかを見分けることが第一歩です。

 

一つは利息です。年20%を超える利息は、利息制限法により認められていません。

 

例えば、10万円を1ヵ月借りて利息1万円というのは、額だけ見ると大したことのないように見えるかもしれませんが、

 

年利に換算すると100%を超えますから、明らかに違法です。

 

次に、取り立ての方法です。

 

上にも挙げたような、本人ではない家族や親戚への取り立て、勤務先への連絡などは、法律上認められていません。

 

ですから、そういうことをする業者はヤミだと思って間違いありません。

 

こういう業者は、実はお金を借りたまま利息の返済をいつまでも続けてもらいたいと思っています。

 

アッサリ全額返済されると、かえって儲けが減ってしまうからです。

 

そのため、いろいろ難癖をつけて、

 

全額キレイに返済することを止めさせようとすることさえあります。

 

ですから、延々といつまでも返済を続けるという状態に陥りやすいのです。

 

こういう業者はもともと法律などどこ吹く風といった調子ですから、

 

個人で対応するには限界があります。

 

弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談することが一番です。

 

一度、専門家に相談さえしてしまえば、今度は相手の無法さを的確に突いてくれます。

 

資格のある専門家が法律に則った支払い停止請求をすると、直ちに取り立ては止まります。

 

もちろん嫌がらせをされることはありません。

 

というのも、ヤミ金は一番恐れているのは弁護士や司法書士そのものよりもむしろ、

 

その後にやってきかねない警察による捜査だからです。

 

ですので、弁護士や司法書士の手続きには、態度を180度変えて従わざるを得ないのです。

 

闇金融キャッシングでお金を借りてしまうとどうなる?

 

債務整理をして信用情報に金融事故が付く、いわゆるブラックという状態になってしまうと金融業者からローン審査に申込みをしても落ちてしまいます。

 

クレジットカードも審査が通らないといった影響を受けてしまうのです。

 

信用情報に事故情報が登録されてしまった場合、任意整理なら5年、個人再生や自己破産は7年〜10年経過すれば情報は削除されます。

 

そのため登録期間が経過すれば、まっさらな状態となりますので新たにローンを申込みすれば、審査結果次第とはなりますが融資を受けることができる可能性はあります。

 

しかし、今後ローンを組むときは事故情報が消えてからと考えていたとしても人生において急にお金が必要になってしまうことはあります。

 

どうしても早急にお金が必要になった、でもブラックだから借りることができない、そういった時に目に入ってしまうのが、「ブラックでも融資します」「延滞・滞納可」「大手消費者金融で断られた方歓迎」「審査が甘い金融会社」といった文言です。

 

これらの宣伝文句が書かれたビラやネット上の広告、メールなどで目にすることがあります。

 

冷静な判断ができれば、すぐに闇金であることは分かります。

 

どうしてもお金が必要、そういった時についつい甘い言葉に誘われて借りてしまい、気付いたら闇の金融会社だったということはよくあるのです。

 

テレビドラマや漫画などのイメージで、厳しい取り立てと法外な金利で融資する悪徳の金融会社、こういったところには自分は絶対に関わることはないだろうと思っていても意外と身近なところに転がっているのです。

 

では、闇金融のキャッシングをお金を借りてしまうとどうなってしまうのか、一般的にいわれているのが法外な利息です。

 

10日で1割や10日で5割、10日で3割といった暴利です。

 

10万円を10日で1割で借りたら10日後には1万円の利息が発生するのです。

 

貸金業法を無視した金利設定です。借りた金額の何十倍にも借金が膨れ上がってしまうことになります。

 

こうなってしまうと、普通に働いていても到底返しきれなくなってしまいますから、ギャンブルや宝くじで一発当てない限り到底返すことができない金額になってしまいます。

 

そもそも闇金側は、完済させないようにしているのです。

 

完済されてしまうと、その債務者から利息を搾りとることができなくなりますから法外な金利でどれだけ払っても支払いが終わらないようにしてくるのです。

 

そして、恐ろしさが増してくるのがこれからです。返済が滞ってしまうと一日に何度も督促の電話をかけてきます。

 

自宅や職場にも取り立てがくることもあります。周囲に借金をしていることをバラすと脅してきたりします。

 

このような悪徳な金融会社に出会わないようにするためには、いくつか見分けるポイントがあります。

 

まず、甘い言葉で宣伝している業者はほぼ悪徳な金融会社です。

 

ブラックでもOK、身分証1点で即日融資、他社で断られた方も大丈夫、いかにも誰でも借りることができるような宣伝文句は疑ってかかることです。そして、連絡先です。

 

連絡先を携帯番号にしているのは違法な営業をしている金融業者で間違いないです。

 

普通は、固定電話です。気になる金融会社があるけれどこの会社大丈夫かなと思う場合は、貸金業登録をしてあるかどうか確認することです。

 

貸金業を営む場合は、貸金業法に従い国または都道府県知事の認可を受ける必要があります。

 

貸金業登録している真っ当な会社であれば、貸金業登録番号があります。

 

これは、金融庁のホームページで調べることができますので、ホームページでその業者が貸金業登録してあるか調べることができます。

 

貸金業登録番号は記載されているが、その番号がデタラメであったり大手企業と同じ会社名で営業するまったく関係ない会社もありますので注意が必要です。

 

特に闇金に手を出してしまいやすい人は、債務整理をした人、多重債務者、自営業者などです。

 

もし知らずに借りてしまった場合ですが、違法な金利ですので返済をする必要はないです。

 

ただ、返済をしていないと厳しい取り立てや脅しに近いこともされます。1人であるとどうすればいいか分からないですから法律の力を借りることになります。

 

債務整理や闇金問題に強い弁護士に相談をすることです。ただ、弁護士だったら誰でもいいというわけではないです。

 

借金問題で弁護士に相談をすると、債務整理で解決していく方法とは訳が違うのです。

 

闇金業者に熟知したノウハウのある弁護士事務所に相談をすることです。違法な金利で支払ってしまった利息は取り返すことができます。

 

弁護士が代わりに交渉をしてくれます。それでも取り立てや請求が止まないのであれば、裁判所を通して請求してくださいと通知すれば、多くの業者は請求をストップします。

 

何もせずにいると、こいつからは取れると思ってガンガン取り立てますので、無視するのではなく弁護士相談をすることです。